読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話題の本「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ) を読んで泣きました。

こんばんは!ひまりです。

 

気温差のある日々が続いておりますが、皆さま体調はいかがでしょうか。(私は絶賛風邪をひいております…。)

 

今日は話題の本『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)』が期待以上に良い本だったので、ご紹介したいなと思います。とにかく、泣きました。

 

この本は、先月2017年4月10日に発売されたもので、著者は汐街コナさん。

 

汐街さんがツイッター(@sodium)に投稿した漫画「昔、その気もないのにうっかり自殺しかけました」が30万リツートを記録し、書籍化されたものです。

 

私はツイッターでその漫画を見つけて、衝撃を受けて覚えていました。それから、この本はkindle版を購入して、スマホで読みました。読み始めたら、どのページもどのページも心に刺さって、とにかく泣きました。

 

この本は一言で言うと、

「大丈夫、世界は広いんだよと教えてくれる本」です。

私達は不幸自慢や社畜大会、我慢比べをしてしまうことや聞くことが多いなと思うのです。 

誰かが残業が多くて辛いと話すと、私もこれくらい残業してたよ!とか、俺の方が残業してるよ!とか、昔はもっと大変で土日も関係なく働いていたんだ!とか。

でも、辛い事をどれ位我慢しているかよりも、お互いが幸せになれる道を探した方がずっと良い。

そんな事を考えさせてくれる本です。

 

会社が辛いなって思ってしまう日が一日でもある人、まだ大丈夫!みんなはもっと頑張ってる!と頑張り過ぎてしまう人、大切な人や家族が働き過ぎで苦しんでいるのを見ている人、色んな方に是非読んで貰いたい一冊です。

 

漫画やQ&A形式で書かれているので、サクサクっと読めます。私も一晩で読み終わりました!

  

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

 

それでは今日はこの辺で。

また明日からお仕事頑張りましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♡